マーガリンは体に悪い?【マーガリンの正体とバターとの違いについて】


55

マーガリンはトランス脂肪酸が含まれているから体に悪いと言われていますよね。

アメリカでも心臓発作の予防のためにトランス脂肪酸の使用が禁止になって話題になっています。

でもマーガリンはなぜ体に悪いのでしょうか。そしてバターとは何が違うのでしょうか。

そこで今回はマーガリンが体に悪いと言われている理由について調べてみました!

《スポンサーリンク》

なぜマーガリンは体に悪い?

マーガリンは、コーン油やなたね油など植物油を原料としていて、それらに水素を加えて固めたものです。

そしてこの水素で固める過程で生成される『トランス脂肪酸』が体に害を及ぼすために、マーガリンを避ける人が増えてきているようです。

『トランス脂肪酸』は、多量に摂取するとガンや心筋梗塞、喘息やアトピー、不妊症などを引き起こすとされています。

そのため、海外ではトランス脂肪酸の量をパッケージに表示する義務があったり、レストランでのマーガリンの使用が禁止されていたりします。

マーガリンだけではなく水素を使って作られている食品にはトランス脂肪酸が含まれており、ショートニングやファットスプレッドなどにも含まれています。

普段の食事の中でトランス脂肪酸を多く含む食事をされている方は注意が必要なようです。

マーガリンは使わない方がいいの?

マーガリンはバターよりも柔らかいためパンなどにも塗りやすく、バターよりも安く購入することができます。

元来、バターが不足していた時代に代用品として作られてた歴史があり、今なお私たちの生活に欠かせないものとなっています。

海外ではトランス脂肪酸の危険について叫ばれていますが、問題なのはその摂取量なようです。

1日に摂取しても安全なトランス脂肪酸の上限は2gであるとWHOが公表しているようです。

しかし日本人の平均的なトランス脂肪酸摂取量は、0.7gのようです。

そのため朝食のパンにマーガリンを塗ったり、お菓子作りに使用する程度であれば、問題はないようです。

トランス脂肪酸を取らないのが一番望ましいですが、日本人の摂取量ではそこまで心配する必要はないということです。

《スポンサーリンク》

マーガリンよりもバターの方が良いの?

マーガリンは体に悪いとされていますが、バターにもトランス脂肪酸は含まれているのです。

しかしマーガリンとバターでは製法が大きく異なり、含まれるトランス脂肪酸の量や生成過程に違いがあります。

また、肥満の元であるコレストロール値にも違いがあるため、どちらが良いとも言い難いのが現状です。

【マーガリン】

なたね油などの植物油に人口的に水素を加え硬化したもの。

トランス脂肪酸は、硬化する過程で生成される。

トランス脂肪酸は人口的であり、バターよりも含まれる量が多い。(0.94〜13g/100g)

植物油が原料であるため、血をサラサラにしてくれたり、中性脂肪やコレストロールを減らしてくれる。

【バター】

生乳や牛乳に含まれる脂肪分を取り出して固めたもの。

トランス脂肪酸は牛やヤギなどの反芻動物の体内に含まれているため、自然界のトランス脂肪酸が含まれている。

トランス脂肪酸は自然のものであり、マーガリンよりも含まれる量が少ない。(1.7〜2.2g/100g)

動物性脂肪であるため、食べ過ぎると肥満やコレストロール値が上昇してしまう。

まとめ

マーガリンやバターに含まれるトランス脂肪酸は、メーカーや商品によってもかなり差があるようです。

どちらを使うにせよ、トランス脂肪酸の量が少ないものを使用する、そして少なめに使うということを心がければ良いかな〜と思います。

ちなみにマーガリンの中でトランス脂肪酸の量が少ないものはこちらの記事で一覧にしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てたなら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ