エキストラバージンオリーブオイルの違い【ピュアオリーブオイルと何が違う?】


oiloil

オリーブオイルは用途の幅が広く使いやすいオイルですよね。

しかしオリーブオイルの中でもエキストラバージンとピュアオイルという種類があります。

この二つは一体どんな違いがあるのでしょうか。

そこで今回は『エキストラバージンオリーブオイルとピュアオイルの違い』について調べてみました!

《スポンサーリンク》

生成方法の違い

エキストラバージン

化学処理を一切行わずオリーブの実を絞って濾過しただけで作られたオイル。

純度100%のオリーブジュースとも言えそうです。

ピュアオイル

品質が悪いオリーブオイルを精製し、バージンオイルをブレンドして風味を整えたもの。

栄養価の違い

エキストラバージン

非常に栄養価が高く、中でも抗酸化作用による血流改善に適している。

中性脂肪やコレストロールをの数値を下げる働きもあるため、美容効果も高い。

ピュアオイル

化学処理によって栄養素が失われてしまうため、エキストラバージンに比べ栄養価が少ない。

風味の違い

エキストラバージン

オリーブの香りや風味が強い。

オリーブの種類によって風味が異なるため、メーカーによって香りに違いがある場合もある。

ピュアオイル

精製されているため、風味はほとんどない。オリーブのクセが苦手な人には良い。

料理用途の違い

エキストラバージン

カルパッチョやサラダにかけたりと、加熱しない料理に向いている。

フランスパンに付けて食べたりと、オリーブの風味を生かすように利用すると良い。

ピュアオイル

炒めもの、焼きものなどの加熱料理に向いている。

オリーブの香りよりも食材の香りを生かす料理にも使うことができる。

《スポンサーリンク》

さいごに

オリーブオイルがもつ栄養価を体に取り入れたいという方は、エキストラバージンオリーブオイルをそのまま頂くのがベストです。

しかし美味しい料理を作るのを目的とする場合、調理方法によってはピュアオイルの方が良い局面もあります。

また、ピュアオイルの方が値段も安いので、経済的とも言えるでしょう。

いずれにせよエキストラバージンにもピュアオイルにもメリットデメリットがあります。

そのためオリーブオイルに求めているものが”健康効果”であればエキストラバージン、”マルチに料理に使える方がいいわ”という方はピュアオイルを選択されると良いかと思います。

この記事がみなさんのお悩みを解消できたのなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ