マンゴーの切り方【タイ産マンゴーの切り方】


mango3

タイ産マンゴーは、表面が黄色く、しずく形になっているマンゴーです。

11月〜6月に食べられるもので、日本でも多く輸入されています。

今回はそんなタイ産マンゴーの切り方について紹介していきます!

《スポンサーリンク》

タイ産マンゴーの切り方

マンゴーは、タイ産でも他の産地のマンゴーと同様の切り方をします。

つまり、”産地に関係なくマンゴーの切り方は共通である”ということです。

マンゴーの切り方は、下の動画でわかりやすく紹介されていますので、動画を見ながらマンゴーを切っていきましょう!

【マンゴーの種の位置】

まな板に置き、手を離したときに安定する向きを確認しましょう。その向きに水平にマンゴーの種が入っています。(まな板に対して水平)

マンゴーの種は、7,8mmの厚さがあり、実の真ん中あたりに入っています。

【マンゴーの切り方】

:おへその部分(マンゴーの底の方)から切れ込みを入れ、種の位置を確認しながら切っていきます

:再びおへその部分から、種に沿わせるようにして切っていきます

:マンゴーが3枚に分かれました(真ん中の一枚は種です)

:皮と実の間に刃を入れて、マンゴーを回していきます

:りんごの皮をむくように、皮をとって切り分けたら完成です

【ダイス状に切り分けたい場合】

756fd28356c139296176f0c4557a59a2_s

マンゴーといえば、この切り方↑が定番ですよね。

このように仕上げたい方は下の通りに切っていってください。

1〜3:上の流れと同様です

:皮を貫通してしまわないよう気をつけながら、果肉に刃を入れていきます(さいの目に切っていきます)

:後ろから果肉を押し上げたら、完成です

《スポンサーリンク》

切ってしまったマンゴーの保存について

切っていないマンゴーは4日ほど冷蔵庫で保存することができます。

(マンゴーは乾燥に弱いので、水に濡らした新聞紙に包んでポリ袋などで密封してください)

しかし切ってしまったマンゴーの保存期間は、冷蔵庫で1、2日です。

タッパーやジップロックなど、なるべく空気に触れない容器に入れて、保存するようにしてください。

切ってしまった後は、なるべく早めに食べきることをオススメします。

さいごに

マンゴーは種の位置さえ頭に入れておけば、楽に切り分けることができます。

種が大きいので驚くかと思いますが、小判のような種が真ん中にある〜♪と思っておけば大丈夫でしょう。

お店で出てくるようなマンゴーの切り方も、自宅で簡単に実践することができます。

みなさんも、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

     

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ